聖闘士星矢シリーズ 『セイントキグナスツインクロス』完成!!


昨日に引き続き 聖闘士星矢シリーズ の『セイントキグナスツインクロス』の素組を引き続き行おうと思います。
前回は肩の聖衣パーツを前後で接着。
接着が完全になるように一晩乾燥させておきました。

とはいえ乾燥が待ちきれなかったので、聖衣をうまいこと装着させて、他のD.D.PANORAMATION青銅聖闘士4人とともに飾っておいたんですよね。

青銅聖闘士 キグナス 聖闘士星矢 プラモデル (5)
一応、完成状態の氷河が見れたのでいったん聖衣を外してオブジェ形態を再現させてみようと思います。

聖闘士星矢シリーズ プラモデル キグナス (2)
オブジェ形態完成!!
立派なオマル!もとい白鳥の形をしたキグナス聖衣のオブジェとなりました。

聖闘士星矢シリーズ プラモデル キグナス (3)
正面からだと何の形をしているのかがわかりづらいですね。
それでも聖衣が白鳥の形に見えるようによくデザインされていると感じます。

聖闘士星矢シリーズ プラモデル キグナス (4)
横からみれば完全に白鳥のように見えます。
羽があってこその再現ですけどね。

聖闘士星矢シリーズ プラモデル キグナス (8)
そして再び氷河の素体に聖衣を装着!!
オブジェ形態から聖衣をばらす際に、接着していた胸パーツ前後がとれてしまいました。
羽と胸アーマーで抑える仕様になっているので羽を装着して対応しました。
接着面が小さいので聖衣を取り外すときは毎度とれてしまうかもしれません。
旧キットならではの合わせ目が難しいところある設計なので中にテープを仕込んでとれないようにしてしまうかな~。

このまま羽がついているのも格好良いのですが、D.D.シリーズはトイオリジナルでもある羽装備はないので外すようにしなければ統一感がなくなってしまいます。

聖闘士星矢シリーズ プラモデル キグナス (9)
裏側は足の裏など聖衣がないので、飾る時もなるべく正面を向かせておかなくてはなりませんね。

聖闘士星矢シリーズ プラモデル キグナス (7)
ブラック聖衣も装着させてみました!!
色が黒になっただけで全然印象が悪キャラになったようで驚きです。
やはりカラーリングは重要なものだと痛感しました。

聖闘士星矢シリーズ プラモデル キグナス (5)
ブラック聖衣でオブジェ形態も再現!!

聖闘士星矢シリーズ プラモデル キグナス (6)
白鳥からカラスのような印象になってしまいました。
素体もブラックにするとカッコ良さそうですね。

これで『セイントキグナスツインクロス』の素組が完成しました。
D.D.PANORAMATION版の氷河が発売してくれれば、このプラモデルをブラックスワンとして素体も箱絵のようなカラーリングで塗装したいのですが、おそらくD.D.シリーズの氷河は発売しないような気がするので、アニメと同じカラーリングで塗装してみようと思います。

【amazon商品リンク】

【楽天商品リンク】

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バンダイ 聖闘士星矢 D.D.PANORAMATIONペガサス星矢 -ペガサス流星拳-
価格:2980円(税込、送料別) (2018/7/18時点)

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

D.D.PANORAMATION 廬山昇龍覇 ドラゴン紫龍【中古】
価格:4104円(税込、送料別) (2018/7/18時点)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク