ガンダムマーカーエアブラシシステム の手軽さを再確認!!


今日も引き続き『セイントキグナスツインクロス』の塗装です。
目の部分を白く塗っただけなので白目状態の氷河・・・
一刻も早く目を入れてあげなくては!
っということで説明書のイラストを良く確認して瞳の色を決めたいと思います。

ガンダムマーカーエアブラシシステム 聖闘士星矢シリーズ プラモデル (3)
氷河の瞳の色は薄い水色ですね。

ガンダムマーカーエアブラシシステム 聖闘士星矢シリーズ プラモデル (2)
すごく面積の小さいところなので、筆で塗るのも危険だったので爪楊枝の先でちょんと塗料を付けるだけにしました。
少しはみ出ましたが位置的にはうまくいったのではないでしょうか。
瞳の色がすこし濃すぎたかもしれないのですが、フェイスパーツがあまり似ていないのでいつかフェイスパーツをパテか3Dプリンターなどで作れればという野望を抱きつつこのまま作業を続行です(笑)

ガンダムマーカーエアブラシシステム 聖闘士星矢シリーズ プラモデル (4)
タイツ部分の塗装を行うためマスキング作業を始めます。
首の部分は曲面となるので、テープを貼るのは大変です。
マスキングゾルを使用して塗料がかからないようにしようと思います。

ガンダムマーカーエアブラシシステム 聖闘士星矢シリーズ プラモデル (5)
他の部分はマスキングテープでぐりぐりに巻いてマスキング作業完了!!
タイツ部分にはMr.カラーのキャラクターブルーを使用しようかと考えてのですが、小さなキットの塗装なので久々にあのシステムを使ってみることにしました。

ガンダムマーカーエアブラシシステム 聖闘士星矢シリーズ プラモデル (5)
久々に引っ張りだしてきた『 ガンダムマーカーエアブラシシステム 』です。
深夜の作業でうすめ液の薬品臭を嗅ぎたくないのと掃除の簡単さでこちらをチョイス!!

ガンダムマーカーエアブラシシステム 聖闘士星矢シリーズ プラモデル (6)
ガンダムマーカーのブルーを吹き付けてみました。
改めて思ったけど ガンダムマーカーエアブラシシステム ってものすごく手軽に使えるではないか!!
塗料をわざわざ薄めずにすみましたし、容器も洗わずにすみました。
ちょいと塗りたいけど筆ムラをだしたくないというパーツには ガンダムマーカーエアブラシシステム でささっと塗ってしまうのはアリだなっと思いました。

ガンダムマーカーエアブラシシステム 聖闘士星矢シリーズ プラモデル (1)
あっという間にタイツ部分の塗装は完了しました。
これで素っ裸で聖衣を装着しているようには見えなくなったはず(笑)
聖闘士星矢シリーズのような小さいキットには ガンダムマーカーエアブラシシステム で塗装するのが便利かもしれません。
ただし欠点としては通常のエアブラシよりもムラが出やすいのと、色がガンダムマーカーであるものに限られるということですかね。

とりあえず今日の作業をここまでにして塗料をよく乾燥させようと思います。
塗料を吹き付けたばかりの今は、ムラが出てしまいそうな感じがあるのですが乾いてみたらどうなんでしょうか?

【amazon商品リンク】

【楽天商品リンク】

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

GSIクレオス Mr.マスキングゾルNEO 25ml ◆MRマスキングゾルNEO
価格:151円(税込、送料別) (2018/8/9時点)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク