Mavic Proの墜落修理中にリベンジに燃え購入したトイドローン☆


今年の夏、自分の操作ミスで購入した直後のドローンMavic Proを木の枝にぶつけ墜落させてしまいました。

Mavic Pro墜落の記事へのリンク

機体を修理で工場へ送っている間、自分の操縦技術の未熟さに打ちひしがれたので、安価なトイドローンを購入して操縦技術を磨くことにしました。
Amazonなどネットで検索してみたら、2,000円代からドローンが販売されていたので驚きました。
2,000円ならば墜落して壊してもまだ気が楽なのかと思ったり、いくら安くてもある程度まともなのが良いのかと散々迷いました。

そんなこんなで購入を迷っている時に、たまたま出かけて寄った近所のハードオフに、トイドローンが売られているのを発見しました。

spider2箱
ちょうど値札の半額で販売しますよというタグがあったのでこれは運が良いとチェック。
値札は4,000円と書かれていました。
その半額ということで税抜き2,000円で買えるということでした。
これは何か運命的なものを感じると購入しました。
まさかハードオフでドローンを買うとは・・・
とりあえずジャンク品ではないようでした。

spider2値段
家に帰って箱をよく見てみたら、ハードオフで売られる前のもとの販売店のタグがつけっぱなしでした。
自分がよくガンプラなどを買いに行くTamTamさんで販売していたようです。
価格は税抜き5,576円でした。
この商品はけっこうちゃんとしたトイドローンだったのだと確信!
これが2,000円で買えたのはラッキーなのか、それとも全然だめな商品で売ってしまう人が多いのか?
ともかく壊れていないかが気になるのでさっそく取り出して遊んでみることにしました。

たまたまドローンが見つけられてうれしかったあまり、チェックし忘れた点がありました。
このドローンはプロポのモードがMODE1でした。

ドローンのプロポのMODEは1と2があってそれぞれ左のスティックと右のスティックの旋回と上下左右が異なる仕様なのです。
Mavic Proはどちらのモードにも設定できるようなのですが、初期設定がMODE2になっていたはずです。

MODE2の方が一般的な気がするので、トイドローンもMODE2のものが良かったかと考えました。
しかし、練習用の機体でもあるのであえて難しいMODE1で良かったとポジティブに思うことにしました。

Spider2離陸
プロポに単3電池3本を入れて、機体をUSBケーブルで約60分間充電しました。
これで約6分飛べるそうです。
6分は短いかもしれないのですが、機体とバッテリーを大きさ的にもその位になってしまってしかたなさそうです。
電源を入れてみたらどちらも通電したのでとりあえず故障はしていないようです。
機体とプロポをペアリングして離陸です。

Spider2着陸
何とか飛ばすことはできたのですが、飛んでいるところを写真で収めるのは相当しなんの技です・・・
まずMODE1のコントロールで頭が混乱です。
そして機体が軽いのでおもいっきり風にあおられます。
ホバリングなんて全然できません。
これは相当熟練が必要そうですね。
商品説明では箱にアクロバットモードと搭載しているので空中で前後左右の高速回転ができると記載されていました。
これができるようになるまでは相当練習が必要そうです。
Mavic Proなどの高級ドローンはジャイロが優秀なので簡単にホバリングできますが、トイドローンはホバリングさせるのに自分の操縦技術がもろに影響されるようなので、センサーのないものをわざと探しました。
結果この自分の購入したドローンは操縦がかなり難しそうなので良かったかもしれません。

現在Mavic Proは無事修理を終えて元気に活躍中です。
しかし高性能な為、何もないところであれば非常に簡単に安定した操縦が可能です。
ですので、練習にはこのSpider2というトイドローンも飛ばして練習しています。
今だアクロバット飛行はできないけれど最近やっとホバリングが可能になってきました。

高価なドローンも良いのだけど購入を考えている方は、まず安価なトイドローンを買って練習することをぜひおすすめします☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク



スポンサーリンク