ガンプラのエアブラシ塗装失敗談


昨日ガンダムのプラモデルにサーフェイサーを吹き付けてみたランナーに今度は紫の塗料を吹き付けてみました。

塗装を行った上に墨入れを行いたいので、塗料を侵食しないようにアクリジョンの紫を選択しました。
薄め液で塗料をうすめてランナーに吹き付けてみました。

エアブラシ塗装失敗

↑ランナーを立てると塗料がたれてきてしまうのでこれは塗料をうすめ過ぎたようです。
それとサーフェイサーをかけると塗料の発色がよくなるのはわかったのですが、白の下地を選んだのでパーツの影や角が明るく光沢があるようになってしました。
この場合黒いサーフェイサーを吹いた方が良かったのかもしれません。

エアブラシ塗装の乾燥が思いのほか早かったのでさっそく墨入れをためしてみたくなりました。
使用するのはタミヤ スミ入れ塗料 (ブラック)です。

アクリジョンという塗料はアクリル、エナメルの両方の塗料を重ね塗りできるそうなので墨入れしてみました。

墨入れ塗装失敗談

見事に侵食して塗料を剥がしてしまいました。
やっちまった!!っと思い自分の調べた情報がガセネタだったかと思ってあわててネットで調べてみたらどうやら乾燥がたりなかったようです。
見た目で乾燥ができているようでも、上から塗料を塗る場合は、一晩は乾かさなくてはならないようです。

これは早くしあげたい気持ちを我慢して塗料を乾かさなくてはです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク



スポンサーリンク