はじめてのガンプラエアブラシ塗装


ついにプラモデルのエアブラシ塗装をはじめました。
2年ほど前にヤフーオークションでタミヤエアーブラシシステム スプレーワーク ベーシックコンプレッサーセット (エアーブラシ付)を落札しました。

実は前に使用したことはあります。
塗料のカップを塗料が入ってるまま、取ろうとしてしまい、ブラシの中に塗料が溢れて中身がぐちゃぐちゃになった
まま挫折していました・・・

しかし今回は、待ちに待ったHGのZガンダムのリニューアルバージョンが発売されたので、さっそく購入。
このガンプラだけは、どうしてもきれい作りたい!
そう思いエアーブラシを使うことを決めました。

塗料で汚れたエアーブラシをきれいに清掃し、やっと塗装できる準備は整いました。

その間にエアーブラシの説明書を熟読してみてわかったのですが、塗料用のカップは取外ししなくても清掃が行えるのですね・・・。

はじめからZガンダムの塗装をして失敗したらがっかりなので、積みプラしていた他のガンダムで実験することにしました。

その実験用ガンプラは、RX-121-2 ガンダム TR-1 [ヘイズル2号機]です。
この機体は、RX-121-1 TR-1 ヘイズル改
RX-121-2A ガンダム TR-1 [アドバンスド・ヘイズル]と同じガンダムが3つあるからです。
3体のうち2体は黒いガンダムで色がかぶるので、ランナーごとエアーブラシで塗装してしまえば、
違う色のガンダムができると思い、あまり設定とかけ離れてはいなく、かつオサレな色にしようと思いました。
結果、紫のガンダムにすることにしました。

以前からエアーブラシ塗装でやってみたかった、サーフェーサー吹きをやってみようと思いさっそくやってみました。

こちらもいつかは挑戦するぞと思い買っておいたものです。
タミヤ サーフェイサー (ホワイト・40mlビン入り)です。

サーフェイサー塗装前
↑塗装前 成型色のランナー

サーフェイサー塗装後
↑サーフェイサー塗装後

下の紺の色が消せたのでこれは確かにきれいに塗装できそうですね。
今晩から明日まで乾かして次回は紫の塗料を吹き付けてみようと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク



スポンサーリンク