『聖闘士聖衣神話EX タウラスアルデバラン(神聖衣)』っと言えばこのポーズを思い浮かべるに違いない!!


聖闘士聖衣神話EX タウラスアルデバラン(神聖衣)には腕組み専用パーツが付いています。
アルデバランといえば腕を組んで立っているのが印象的なキャラですよね。

アルデバラン神
開封してディスプレイ用に聖衣は取り付けたのですが、まだバリエーションパーツは交換させていない状態です。
今日は、印象的な腕組みポーズを再現させてみようと思います。

大系もセットで
EXシリーズの中では1番でかい商品ですのでとにかくでかいですね。
ガンダムユニコーンのクシャトリヤみたいですね。
↑複製で修復中の大系アルデバランを手前に置いてみましたが、同じキャラなのに2倍位でかいです。

肩パーツ重い
交換のために取り外した型の聖衣の重さだけで大系のアルデバラン位の重さがあるのでは・・・

腕組み専用パーツ
↑専用の腕組みパーツ
これがないと腕組みポーズは再現できないですね。

胸パーツも専用の者
胸パーツも小さめにしないと腕が届きません。
氷河やカミュにもこんなパーツがありましたね。

表情の考察
EXは表情パーツがたくさんあるので良いですね。
正直以前の神話シリーズのAPPENDIXシリーズの時のできよりは劣るような気もしますが・・・

現在、十三番目の黄金聖闘士のフェイスパーツを作っているので、叫び顔等よく見ておきたかったんですよね。
やはり叫び顔の場合は、少し大きくなっているし、目の位置も上の方にあがっているんですね。

何か楽しそう
腕組みさせるまでに結構パーツを取り外さなくてはならないので大変です。
特にアルデバランは重いので。
↑腕組みパーツを上に上げたら何か楽しそうな感じになりました(笑)

腕組み完了
腕組み完成!!

腕組みアップ
やはりアルデバランといえば腕を組んでどっしりと構えているところが良いですよね。
グレートホーンの手を広げているところも印象深いですが、このポーズが1番好きですね。

良い表情
他のキャラだと使いどころが微妙なニンマリフェイスもアルデバランならばしっくりきますね。
EXシリーズは高価だし、こういったバリエーションも楽しめるので色々遊ばないともったいないですね。
他の黄金聖闘士達もキャラの印象深いポーズを決めさせたいと思います。
そういえば、D.D.PANORAMATIONシリーズのアルデバランがまだ発売していないけどちゃんと発売してくれるのだろうか・・・

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク