十三番目の黄金聖闘士ともう1人の謎の男も複製する!!


聖闘士聖衣神話EX 十三番目の黄金聖闘士が謎の男フェイスなため、複製を行ってオッデセウスを作ることにチャレンジしています。
シリコーンゴムで型を作るのに、1つのパーツではもったいないような気がするので、他にも何パーツかを型に入れることにしました。

ミスティとオルフェ
聖闘士聖衣神話リザドミスティとライラオルフェのフェイスパーツも加えることにしました。

ミスティ謎の男フェイス
ミスティには『神よ私は美しい』素体なる使いみちのない?素体が付属していました。
この素体を使って何かしている人はいるのだろうか?

考えるミスティ
何に使えばよいのか・・・
考えていたら考える人に・・・

ポージングのデッサンなどにはうってつけですね。

ミスティはAppendixで新規造形の顔も発売されているのですが、どうも気にいらないんですよね。
なので謎の男フェイスを複製して自分で納得のいくものを作ろうと思いました。

オルフェのフェイス
オルフェはフェイスパーツが一つしかないので、叫びパーツか目を閉じたものを作成しようと思います。
リペイント計画も途中なのでせっかくだからフェイスパーツも一新した方が改造しがいがあるので。

謎の男フェイス2つ
左がミスティの謎の男フェイス。右が十三番目の黄金聖闘士の謎の男フェイスです。
やはりEXの顔は出来が良いですね。

型に入れた素材
ブロックを組み底に粘土をつめて複製する原型を型に配置しました。
複製用の方は専用道具なのでやはり使い勝手が良さそうです。
型には他にもパーツを追加しました。
なくしてしまったMGガンダムVer.2の腰部分のマークを作るため、他のガンダムからパーツを持ってきました。
少し加工すれば取り付けできるかと思うのですが小さいので複製がうまくいくか実験です。
それとジャンクで購入した聖闘士聖衣大系のアルデバランの角です。
型に入れたのはプラモデル版のアルデバランです。
こちらも複製が成功しても少し加工が必要となります。

ダボセット完了
型にダボピンをセットしました。
少し欲張りすぎたか後でレジンを流し込むためのスジボリができるスペースが無くなったかもしれませんね。

シリコーンゴム注入
シリコーンゴムを注入する時がきました。
ビーカーに容量がわかるメモリが付いていたので、どのくらい入れるかの目安がはっきりわかって便利でした。
たぶん紙コップで計量しながらシリコンを入れるには相当な慣れが必要なんじゃないかと思いました。

硬化剤注入
シリコンに硬化剤を入れると固まるようになるようなので慎重に注入。
シリコン100gに対して硬化剤1gなので、
40滴垂らすと1gになるので数えながら垂らしました。
はじめてなのでかなりおっかなびっくりです。

かき混ぜる
硬化剤が赤だったのですが、よくかき混ぜたらほとんど色がわからなくなりました。
さっそくこれを型に入れてみました。

型に入れたシリコン
適度なとろみがあったのでシリコンは型の中に綺麗に入りました。
100gのシリコンがぴったり入ったので運が良かったです。
あまったらもったいないですからね。

ここからシリコンが固まるには12時間ほどかかるようなので、一晩放置して待とうと思います。
うまく固まるとどういった感触になるかなど非常に楽しみですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク



スポンサーリンク