2度目の『ウェーブ・シリコーンゴム』型作り!!シリコンをケチって案の定やらかす・・・


聖闘士聖衣神話EX『十三番目の黄金聖闘士』の顔パーツ作成するため、今回は髪パーツの複製に挑むことにしました。

顔パーツの複製に挑んだ記事へのリンク

顔のパーツと違い、髪パーツは尖っているし、ディテールも細かいので複製するのは難しそうなのです。
しかし、オッデセウスというキャラクターは商品とはまったく異なった奇抜な髪型をしているようなので聖衣が取り付けられる部分がしっかり型取りできれば良いと思っています。

髪パーツ
型に油粘土を敷き詰めて、髪パーツを配置してみました。
パーツがギザギザなのでどう配置すれば良いか悩みました。
グリグリと動かすと隙間ができてしまったので、そこにシリコンが流れると型にならなくなってしまうので何度かやり直しました。
真上からぐっと一発で埋め込まなくてはならないですね。

髪パーツにダボピン
ダボピンを設置。
ちょっと型が小さかったかな・・・

シリコン流し込み
前回シリコンが少し余ったので、20g位減らして流し込みました。

よく見たら失敗
まずい、少し足りなかった・・・
一応、オリジナルの髪型に改造するのでいらない部分だとは思うのですが。
よくよく考えたら問題はそこではなく、シリコンの型が取れて原型を取り出した時に穴ができてレジンが抜けてしまうことに気づきました。
型紙かプラ板で押さえればなんとかなるかな~・・・
型取りのシリコンはケチらずに大盤振る舞いで多めの方が成功率は上がりそうですね。
ま、良い勉強になったと前向きにいきます。

とりあえずまたシリコンが固まるまで12時間位待ちです。
その間に前回作った顔パーツの塗装作業を頑張ろうと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク