聖闘士聖衣神話EX 十三番目の黄金聖闘士オリジナルフェイスを作るため色々なパテを試す!!


5月10日発売のマンガ誌週刊少年チャンピオン」24号でついに十三番目の黄金聖闘士・蛇遣座(オピュクス)の聖衣(クロス)の分解装着図が掲載されました。
これでようやくまともに参考にできる資料が手に入り、オリジナルのオッデセウスのフェイスパーツが作れそうです。

レジン複製した状態
以前そのオリジナルフェイス作りで作成したレジンの複製には、気泡などが入ってしまって直さなければならない箇所がいくつかありました。

聖闘士聖衣神話EX十三番目の黄金聖闘士をオリジナルフェイスを複製しはじめた時の記事へのリンク

鼻に穴
これは聖闘士聖衣神話リザドミスティーの謎の男フェイスを複製したものですが、穴の先端に気泡が入ってしまって穴が空いてしまいました。

鼻にパテ
まずはこれをタミヤベーシックパテで穴うめです。

穴開けすぎる
そして次は肝心なオッデセウス用フェイスです。
これは頭の聖衣を取り付ける穴を開ける際に、穴開けが少し斜めになっていたらしく聖衣を装着できない状態でした。
ピンバイスで穴を修正しようとしたらみるみる穴が広がってしまいました。

やっぱブカブカ
その結果、頭部聖衣が装着時にぶっかぶかになってしまいました・・・

ポリパテ箱
穴埋めに『タミヤ ポリエステルパテ』を使ってみたくなったので買ってきました。
オッデセウスの髪型はめちゃくちゃ変わっているのでどの素材を使って作るか検討中なのでいろいろなパテを使ってみようと思ってます。

ポリパテ出してみる
こちらはベーシックパテと違って硬化剤を混ぜる必要があるんですね。

ポリパテ混ぜる
さっそくまぜまぜ、世代的に『ねるねるねるね』を思い出します。

まぜまぜ完了
パテのキャップと同じくらいの色になれば良いとのことで混ぜ込み完了。

ポリパテ盛り付け
ちょいと爪楊枝などでパテを塗るには難しいようです。
パテスティックなるものが売っていたので、それを購入して買ってみようかと思います。

蛇遣座の聖闘士のヘアースタイルを再現するにはある程度硬そうな素材を使わないと難しいような気がします。
パテでそれを作るのであればエポキシパテのような粘土タイプの方が良さそうですね。
シリコンの型を一度作っているので、いろいろな素材で試してみたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク