タミヤポリエステルパテ でセイント足裏穴埋め


今日は『 タミヤポリエステルパテ 』を使用して、聖闘士星矢シリーズ セイントタウラスの足裏の肉抜きを埋めていこうと思います。

タミヤポリエステルパテ セイントタウラス (2)
タミヤポリエステルパテ セイントタウラス (3)
D.D.PANORAMATIONシリーズに付属するディスプレイパーツのダボピンに対応させる為です。

タミヤポリエステルパテ セイントタウラス (6)
もとからキットにダボピン用の穴が付いているのですが、その穴を削って広げてしまうと元キットの台座にはめる際にグラグラになってしまうので、パテで穴埋めしたところに穴を開けるプランにしようと思います。

タミヤポリエステルパテ セイントタウラス (12)
使用するのは『 タミヤポリエステルパテ 』です。
A剤とB剤を混ぜると硬化するパテですが、小さいオレンジのチューブはわりと溶剤を出すの難しいんですよね。
プラでできている容器に空気が入ってしまうのかブリブリ~っと多めに出てしまうことが多いですね。
両方アルミでは製造費高くついちゃうのかな?

タミヤポリエステルパテ パテスティックセット
今回は以前、あると便利かなと思って購入しといた『ウェーブ パテスティックセット』を使用したいと思います。
ちなみに価格はホビーゾーンで税抜き¥350円でした。

タミヤポリエステルパテ セイントタウラス (8)
パテスティック中々良いです。
爪楊枝も便利なのですが、パテスティックの平面が広いものはごっそり削れながら混ぜられるので撹拌しやすいと思います。
容器的な受け皿も素材がすべるのでパテが剥がれやすくて良いです。

タミヤポリエステルパテ セイントタウラス (7)
セイントタウラスの足裏にパテを埋め込んでいきます。

タミヤポリエステルパテ セイントタウラス (9)
もう片方の足裏はもとパーツ用のピン穴があるので埋まらないようにうまくパテを練り込まなくてはなりません。

タミヤポリエステルパテ セイントタウラス (10)
どうしても埋め込んでからパテを塗ってるスティックを剥がす時にパテがついてきてしまうので、跳ね上がりが発生してしまいます。
コンクリートならば、水分が多い場合は放置していると平らになってくれるのですが、ポリエステルパテは粘度が高いせいか、中々平らになりません。
ポリエステルパテで造形って相当の技術が必要になりそうですね。
うまい人は硬化してから造形するのか、盛り付ける時点で造形してしまうのか?
自分にはまだまだ修行が必要そうです。

これがうまくいったら他のセイントの足裏もパテで肉埋めしようと思います。
けっこう穴を開けるのもなかなかジャストフィットしないので大変なんですよね。

D.D版アテナの足裏にピン用穴を開けた時の記事へのリンク

タミヤポリエステルパテ セイントタウラス (11)
今日はこれからワールドカップの観戦です!!
とりあえずパテで穴埋めしたパーツは乾燥です。
うまく硬化してくれると良いのですが。
今日の作業はここまでです。

【amazon商品リンク】

【楽天商品リンク】

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

1/12 聖闘士星矢 黄金聖衣 セイント タウラス
価格:2011円(税込、送料別) (2018/6/28時点)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

タミヤ ポリエステルパテ 40g【RCP】
価格:423円(税込、送料別) (2018/6/28時点)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パテスティックセット【品番:OM-101】【ウェーブ】
価格:378円(税込、送料別) (2018/6/28時点)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク